実家のリフォームからリノベーションへ

築30年以上経っている実家。
今では母親1人暮らしなのですが、私達が定年退職と共に、実家に移り住むことを想定して、数年前からリフォームを2回行いました。
1度目はトイレとバス浴室でした。
30年も経つと、やはり水回りが老朽化してくるのですが、トイレは最新式の排水・配管も含めての改修。最新式の節水型シャワートイレも設置。
浴室は保温性の高い浴槽に変更。
これだけでも快適性の向上と電気・水道・ガスの節約になっています。
そして、2度目はキッキンの水回りも含めた改修。
主にキッチンはガスから電化に変えたのです。
これは、ガスから電気に変えたことでも、トータル的な費用の節約に繋がっています。
これで実家に移り住んでも、基本的な生活インフラのリフォームは落ち着いたと思っています。
しかし、数年後の転居を考えて、1、2年後には大きなリノベーションも考えようと思っています。
それは、定年後に私が個人で仕事をすることを考えているからです。
個人のオフィス的な部屋を作り、フリーランスの立場でも仕事ができる小さなオフィス環境を取り入れようかと思っています。
これもある意味、リニューアルの一環になるのかもしれません。